節約術

野菜、肉、魚などの食材を長持ちさせる保存方法

更新日:

 

ついつい特売でまとめ買いしてしまう食材。

常温で保存した方がいいのか、冷蔵庫で保存した方がいいのか、意外と正しい保存方法を知らないものも多いものです。

今回は長持ちさせる食材の保存方法について調べていきましょう。

 

食材を長持ちさせるコツ

食材が傷んでしまうのは主に菌の繁殖や、温度、熟成などが原因となっています。

これらを防いで長持ちさせるには

 

  • 食材に応じた温度で保存する
  • キッチンペーパーなどであらかじめ水分を取り除く
  • 野菜類は新聞紙やキッチンペーパーなどでくるんで適度な湿度を保つ
  • 冷蔵、冷凍保存する時はさらに袋に入れて保存する

 

というのが基本となります。

 

食材の保存方法

では食材の保存方法を大きく常温、冷蔵、冷凍に分けてみていきましょう。

 

常温保存

低温で傷んでしまう野菜は風通しの良い少し涼しい場所で保存します。

常温で保存するものも、切ってしまったら冷蔵庫に保存するようにしましょう。

また、夏場になると傷みやすくなってしまうので、常温保存の野菜も野菜室で保存します。

水分を寄せ付けないよう、土はしっかり落とし、乾燥しすぎないよう紙袋や新聞紙などで包んで保管しましょう。

背丈のある野菜は立てかけて保存すると良いでしょう。

基本的にスーパーで冷蔵して売られている野菜は、常温の保存には向いていません。

 

常温保存が向いている食材

基本的には低温に弱い根菜類が向いています

常温室で保存する野菜

・玉ねぎ
・ネギ
・ごぼう
・かぼちゃ
・さつまいも
・里芋
・じゃがいも
・ピーマン
・しょうが
・ニンニク
・バナナ

 

冷蔵保存

大半の食材は冷蔵庫に保存しておけば良いでしょう。

水分をしっかりと拭き取ってから保存するようにしましょう。

基本的に野菜は新聞紙で巻き、その上から袋に入れて、口を軽く閉じて保存しましょう。

切った野菜はラップでくるんでから袋に入れるようにしましょう。

低温で傷みやすい野菜は、野菜室で保存します。

葉物野菜や長さのある野菜は立てかけて保存すると長持ちします。

 

野菜室が向いている食材

野菜室は冷蔵室よりも少し暖かくなっており、夏野菜や柑橘系の果物などが向いています。

野菜室で保存する野菜

・きゅうり
・トマト
・なす
・トウモロコシ
・ゴーヤ
・アスパラガス
・柑橘系の果物

 

冷蔵室が向いている食材

多くの食材は冷蔵室に保存すれば良いでしょう。

冷蔵室で保存する野菜

・葉野菜
・茎野菜
・人参
・大根
・きのこ類
・卵
・乳製品
・多くの果物

 

チルド室が向いている食材

チルド室は0℃前後の環境で、肉や魚などの生鮮食品、加工食品に向いています。

チルド室で保存する食材

・肉類
・魚類
・ちくわ
・ソーセージ
・練り物

 

冷凍保存

ほとんどの食材は冷凍が可能です。

長期の保管が必要な時は早めに冷凍しましょう。

解凍しやすいように、小分けにして袋に入れて保存しておくと良いでしょう。

野菜はかために軽く茹でたり、電子レンジで加熱してから保存すると長持ちします。

ピーマン、人参、大根、長芋、きのこ、ごぼうなどの水分の少ない野菜は加熱せずに冷凍する方が良いです。

肉や魚は氷水にくぐらせておくと、酸化を防ぎ鮮度が保たれます。

肉や魚は下味をつけておくと、さらに長期の保存が可能となります。

 

冷凍保存に向いていない食材

ほとんどの食材が冷凍可能ですが、一部食感が変わってしまうものもあります。

・葉物野菜
・こんにゃく
・生のじゃがいも
・豆腐

 

 

おさえておきたいポイント

・葉物野菜は50℃程度のお湯に通すと野菜のみずみずしさが復活します。

・キャベツは芯をくりぬいて、濡らしたキッチンペーパーを詰めてから新聞紙でくるむと長持ちします。

・ゴーヤは種やわたを取ってからラップに包んで冷蔵庫で保存しましょう。

ネギはポリ袋に入れておくと傷みやすいので、新聞紙で包んで冷蔵庫に保存しましょう。

・大根は葉っぱを切り落としてから保存しましょう。

・一尾の魚は買ってきたらすぐに下処理をしましょう。

・肉や魚の切り身はパッケージから出して、キッチンペーパーで水けをとり、ラップで包み、袋に入れて冷凍しましょう。

・じゃがいもを保存するダンボールの中にリンゴを入れておくと、リンゴからエチレンガスが出てじゃがいもの発芽を遅らせることができます。

・食パンはアルミホイルに包んで冷凍保存しておき、そのまま焼くとしっとりと美味しく仕上がります。

 

まとめ

こうやってみてみると、食品の保存方法って結構色々あって難しいですよね。

やはり冷蔵庫は基本万能で、ほとんどの食材は冷蔵庫に保存しておけば間違いないのですが、一部の根菜類は低温が苦手なものもありますので注意が必要です。

 

野菜は新聞紙で包むこと、冷蔵庫に入れるときには更に袋に入れることが基本です。

冷凍は大半の食材が可能で、豆腐やじゃがいもも、食感を犠牲にすれば冷凍できます。

長期の保存が必要な時は、早めに冷凍しておくと傷みにくくなりますので、買い物から帰ったらすぐに冷凍庫に入れるようにしましょう。

 

正しい保存方法を身につけて、食材のロスを減らすことができれば、節約になりますね。

 

 

-節約術
-,

Copyright© 貯蓄術のアルパカ , 2019 All Rights Reserved.