お金の知識

家電の電気代一覧 消費電力から計算してみよう!

更新日:

 

いつも使っている冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどの電気代は大体ご存知でしょうか。

電気代を把握しておくことで、優先的に節約する家電が見えてきますし、頭の中で電気代が計算できると何かと便利です。

電力消費の多いものは使用を控えたり、代替手段がないか考えていくこともできますしね。

 

今回は消費電力をもとに、家電を使うときにどれぐらいの電気代がかかるのか調べていきたいと思います。

 

家電にかかる電気代の計算方法

家電

まず、調べたい家電の消費電力を見てみましょう。

家電の消費電力の単位は「W(ワット)」と表記されます。

家電の説明書に記載されていますし、インターネット上の商品情報ページにも書いている場合があります。

 

では1000Wのオーブンを30分間使った場合の計算方法を説明していきましょう。

 

まず30分間に使う電力の量「Wh(ワットアワー)」を求めます。

W数×使用時間 で求めることができます。

1000(W)×0.5(時間)=500Wh

次にWhを「kWh(キロワットアワー)」に変換します。

1kWh=1000Wh  なので

500(Wh)÷1000=0.5kWh

次に1kWhあたりの電気の単価を掛けます

電気の単価は電力会社やプランによっても異なりますが、ここでは東京電力で一般的な1kWhあたり約26円をベースに考えます。

0.5(kWh)×26(円)=13円

 

となり、30分間使うと約13円の電気代がかかることが分かりました。

 

主な家電の1時間あたりの電気料金

テレビ

では主な家電の電気料金を見ていきたいと思います。

消費電力は使用状況や、その家電によって結構差が大きいので、あくまで目安としていただければと思います。

大体の平均的な電力使用料から算出し、電気の単価は1kWhあたり26円で計算しています。

 

 icon-lightbulb-o 季節家電

家電名 消費電力 1時間あた
りの電気代
セラミックファンヒーター(強) 1200W 31.2円
ハロゲンヒーター(強) 1000W 26.0円
エアコン16畳用 1000W 26.0円
コタツ 600W 15.6円
ホットカーペット2畳 500W 13.0円
エアコン6畳用 360W 9.3円
扇風機(強) 45W 1.2円
加湿器(超音波式) 30W 0.8円
電気毛布 20W 0.5円

 

 icon-lightbulb-o キッチン周りの家電

家電 消費電力 1時間あた
りの電気代
IHクッキングヒーター(強) 3000W 78円
ホットプレート 1300W 33.8円
電気鍋 1300W 33.8円
食洗器 1200W 31.2円
電子レンジ 1100W 28.6円
オーブントースター 900W 23.4円
電気ポット(湯沸かし) 850W 22.1円
炊飯器(3合炊飯時) 700W 18.2円
コーヒーメーカー 600W 15.6円
冷蔵庫(460ℓ) 58W 1.5円
冷蔵庫(200ℓ) 50W 1.3円
電気ポット(保温) 30W 0.8円
炊飯器(3合保温時) 15W 0.4円

 

 icon-lightbulb-o パソコン、AV機器など

家電 消費電力 1時間あた
りの電気代
42型液晶テレビ 210W 5.5円
PS4 120W 3.1円
デスクトップPC 100W 2.6円
Blu-rayプレーヤー 35W 0.9円
ノートPC 25W 0.7円

 

 icon-lightbulb-o 生活家電

家電 消費電力 1時間あた
りの電気代
掃除機 1200W 31.2円
アイロン 1200W 31.2円
ドライヤー 1100W 28.6円
洗濯機 500W 13円
白熱電球60W形 54W 1.4円
LED照明12畳用 50W 1.3円
換気扇(キッチン) 30W 0.8円
温水洗浄便座 25W 0.6円
換気扇(浴室) 20W 0.5円
空気清浄機 15W 0.4円
LED電球60W形 7W 0.2円
換気扇(トイレ) 3W 0.08円

 

待機電力はどれぐらい?

電気

家庭の電力消費の5.1%は、待機電力によるものとの調査結果が出ています。

次に待機時にかかる電気代を見ていきましょう。

比較的待機電力の大きいものをピックアップしていきます。

待機電力は消費量が小さいため、24時間での電気代で計算していきます。

 

 icon-lightbulb-o 待機電力

家電 消費電力 24時間あた
りの電気代
外付けモデム 7.34W 4.6円
ガス瞬間湯沸器 7.05W 4.4円
無線LAN機器 5.92W 3.7円
FAX付電話機 3.43W 2.1円
温水洗浄便座 2.21W 1.4円
ミニコンポ 1.91W 1.2円
DVDレコーダー 1.77W 1.1円
エアコン 1.74W 1.1円
可搬式ストーブ 1.63W 1.0円
テレビ 1.66W 1.0円
家庭用ゲーム機 1.43W 0.9円
食洗機 1.35W 0.8円
パソコン 1.22W 0.8円

 

まとめ

緑の地球

特に空気や水、料理など、何かを「暖める」ときに電気を多く消費します。

エアコンでも冷房よりも暖房の方が電気代は高くつくんですよね。

電気代の節約はまず、暖める家電に注目すると良いでしょう。

 

特にセラミックファンヒーターやハロゲンヒーターは電気代が高い割に、エアコンよりも効率が悪いので、節約の面からはあまりおすすめできません。

私はコタツをよく使いますが、電気代も安く、なかなか暖まりますよ。

一回入るとなかなか出られないのが難点ですが 笑

 

待機電力については節約できる幅が小さいですが、少しの間家を空ける時には、なるべく電源を落とすようにすると良いでしょう。

電気代は切り詰めすぎると、生活の質を落としてしまいますので、無理なくできる範囲に絞って取り組んでください。

 

電気代の節約のポイントはこちらにまとめています。

 

関連記事
電気代が高い!?見直すべき節約のポイント47選!

  特に夏と冬に上がりやすい電気代。 かといって、あまり無理をして節約するのも辛い電気代は、ポイントをおさえて効率よく節約に取り組んでいきたいところです。 それでは、節電に取り組む上でのポイ ...

続きを見る

 

出典:「平成24年度 待機時消費電力調査報告書」(資源エネルギー庁)

 

 

-お金の知識
-,

Copyright© 貯蓄術のアルパカ , 2019 All Rights Reserved.